抗真菌薬の効能とbabyfootの併用

抗真菌薬はウイルスや細菌などの病原微生物のうち、真菌にのみ作用を示す治療薬です。真菌はカビの一種で空気中にも存在する小さなものですが、体内や皮膚に寄生すると増殖して人体に悪い影響を与えます。抗真菌薬の効能は種類によって様々ですが、抗真菌スペクトルが幅広いのが多く、白癬菌、アスペルギルス、カンジダなどには良く効くようになっています。その他、癜風やマラセチア、クリプトコックスなどにも効能を発揮するものもあります。最も有名な真菌は水虫の原因となる白癬菌と呼ばれるもので、足に寄生することでかゆみや痛みを伴う症状を引き起こします。カビであることから高温体質を好み、靴を履くことで白癬菌が活動しやすい環境を作ってしまいます。抗真菌薬の効能には、ほとんどが白癬菌に作用することから、だいたいの治療薬で治療が可能となっています。babyfootは足の角質を除去するアイテムで、硬くなったかかとなどを軽石などでゴシゴシと手入れすることなく、手軽に柔らかくできる商品となっています。この角質を落とす効果から水虫の治療に良いと勘違いする人もいますが、babyfootで落とせるのは表層の老化した角質のみです。白癬菌はbabyfootで落とせる角質よりもさらに深層となる部分に寄生しているので、水虫の治療にはまったく効果がありません。しかし、角質化した皮膚を取り除き、肌を柔らかくすることができるので、抗真菌薬の成分を浸透させやすくすることから、併用して使用するのは良い方法と言えます。babyfootは異常なピーリング効果を見せるので、白癬菌が寄生した角質も落としてしまう可能性があり、家族への感染の可能性も高まるため、使用には注意が必要です。また、刺激性が強いのが特徴となっているので、皮膚が傷ついた状態では痛みを伴うこともあるので、重症化した水虫の人は使用を控えた方が良いでしょう。