冷水での対処は再発する!水虫は抗真菌薬で治療

日本では5人に1人が水虫になった事があると言われています。
水虫といえば強い痒みを引き起こすのが特徴です。

白癬菌というカビの1種が、皮膚の角質層に感染し水虫を発症するのですが、感染初期では痒みを感じる事はありません。
感染が進み白癬菌が角質層の奥にまで入り込むと、体の防衛機能によって白癬菌を追い出そうとするのですが、この時に痒みを感じるようになります。

ですので、痒みを感じるようになったら、水虫はかなり進んでいるのです。
痒みの他に皮膚がジュクジュクとただれたり、剥ける、小さな水疱が出来るといった症状も現れます。
このような症状を感じるようになったら、水虫を疑ってみましょう。

多くの方が悩んでいるという事もあり、巷には水虫の民間療法が溢れています。
その中の1つに挙げられるのが「冷水」でのケアです。
白癬菌は低温に弱いと言われています。
ですので、足を冷水につけて白癬菌を退治しようという訳です。

冷水につけると痒みも収まるので、水虫は治ったように感じますが、はやり再発するケースがほとんどです。
なぜなら冷たくしても白癬菌を殺菌する事はできないからです。
冷水につけると白癬菌の活動を抑える事は可能ですが、殺菌にまでは至りません。
時間が経ったらすぐに再発してしまいます。

民間療法では再発しやすいので、やはり皮膚科での治療を受けましょう。
皮膚科では抗真菌薬による治療が行われます。
抗真菌成分は白癬菌の細胞膜に作用して、殺菌する効果を発揮します。

足の皮膚に症状が出ているという場合、抗真菌成分を配合した塗り薬による治療が一般的です。
早めに治療を受ける事で白癬菌の感染を防げる為、水虫も早く治ります。

痒みを感じたら民間療法に頼る前に、治療を受ける事がお勧めです。